Wish Natural Life
プロフィール

ぴーすけぱーすけ

Author:ぴーすけぱーすけ
ようこそ!お越しくださいまして、ありがとうございます。愛犬ピースと、のほほんと日々暮らしている私であります。最近、手作り化粧品を自分の物にするために、日夜、研究?!しております。今は、とにかく自分に合う乳液さがしに、四苦八苦しております。
皆様のお知恵を拝借できたらなぁなんて、わらをもすがる思いであります。m^。^m

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2007/05 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

アイコン付きツリー化カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

占いブログパーツ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグリスト

QRコード

QRコード

BLUR☆STAR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップ
悲しい嵯峨
うちのわんこは、頭の上に おやつ乗せが 出来ない。。。

   よその子は、じっとして 賢くのおやつのせてるのに。。。
   とっても、うらやましい。そこで、特訓開始!

 伏せをしてから、乗せるのよって 教えてもらった。
 いざ乗せようとすると うちの子は、伏せしたまま 
 横飛びしちゃうのだ^^;なんて器用なやつだ。

 お座りの状態で顔の前におやつを近づけると、
 なぜか 後ずさり。ほしぃくせして~

  あんまり、おやつを見せてると よだれが滝のごとく そして ぶるぶるぅっ 
  よだれを撒き散らす。ここで、飼い主 よだれ攻撃に降参してしまう。

  そんな、ある日   

[READ MORE...]
スポンサーサイト
トップ
虫さんの反応は?!
虫除けスプレーなるものを作ってたけど、果たして効果の程は?!
と、言う事で実践したみましたぁ~!

それは、蚊の良く出る6時頃、お外でどのくらい 堪えられるかという
原始的な方法^^;

もう、暑いので半そでの私。スカートに靴下、なぜか サンダル・・・
この素敵な格好?!なので、けして 証拠写真はUPできましぇん。

さてさて、お肌が出ているところに しゅしゅっと スプレーし、にっくき蚊さんと
格闘だ!ぶ~ん・・・おっ、やってきたやってきた。
うわぁ、予想以上に遠くでマイマイしてる、ちょっと、かっちゃん 血の気が引く^^。

これに、やられたら・・・・おぅ~、考えただけでも、かいかいです。
そうこう、考えてる矢先に 私の靴下の上に やつは、止まりあがった。

なぬぅ~、おぬしは、スプレーのしてない衣類の上から攻撃するのかぁーー#
許せぬ!なら、直接対決だぁー!蚊に、むけてシュシュ!ポテッて、落ちる
はずだった。。。しかし、こいつは また ぶ~ん って音を立てながら私の付近で
マイマイしてるのだ!まぁ、即効性はないんだろうなぁなんて、かなり ひいき目。
自然なものだしね。

そして、また お肌に何度もスプレーし 蚊さん 見学。
なかなか、近くをまいまいしてるけど スプレーした付近には 止まってない様子。でも、この実験ちょっと失敗かも。なにせ、危険を感じると 本能で追い払ってしまっている
自分がいるのだ。そうそう、喰われてたまるかの精神が勝ってしまって、だめだわぁ。。。

とりあえず、分かった事。それは、薄着になった今日この頃、にっくき蚊は、
衣類の上からも攻撃してくる事。衣類にも、スプレーするべきなのか、悩むところ。
衣類にシミなんか出来ないのかなぁなんて・・・



トップ
チャレンジ!リキッドファンデもどき
もう、そろそろ (遅いともいう)日焼け止め対策しなきゃ!
かねてから、是非 作ってみたかったUV対策クリーム。
でも、二酸化チタンだけだと お顔が真っ白になっちゃうみたいだし
くろんぼの私にとっては ちと 考え物。う~む。

そして、さらに めんどくさがり屋の私は 色の付いたUVカットクリームが、
良いなぁと、思う。要は、リキッドファンデ OR 下地クリームもどき
ので、いいんだけど・・・・でも、知識が全くなし。

そこで、ネットでリサーチ。いろんなつくり方がある中で、色んな作り方を
ごちゃまぜで 作ってみることにしました。オホホ なんと、私流?!    

     使用した酸化鉄 

       20070524080607.jpg


                黄色    赤色   黒色

     その他

         タルク、コンスターチ 
         グリセリン、マカデミアナッツオイル
         二酸化チタン、酸化亜鉛(ごく少量)

  20070524080516.jpg


  
  20070524080525.jpg

   こんなものかなぁ~?!う~ん・・・

  20070524080741.jpg

  20070524080550.jpg

  結構、色あわせって面白いけどむずかしぃ~^^;

本来、乳化剤を使うところなんだけど 私は出来るだけ 使いたくなくて
今回、省いちゃいました!^^!
なぜ、皆さん 作っているのは 乳化剤を使うんだろう?って、
思っていたことが、実際 作ってみて良く分かりました。
と、いうのも オイルだけのクリームは、時間が経つと 少々 分離するようです。
混ぜて、使えば問題ないのですが まぁ、面倒ですよね。。。。
水分も入れば、潤ってさらに 伸びやすいんでしょうね、きっと。

でも、オイルだけでも 十分のびたけどな・・・。
まぁ、自分が使う分だから たのしんじゃおっと!!
それから、ちょっと 作り方で感心したことが、ありました。

それは、事前に 酸化鉄それぞれの色を個別にタルクで混ぜ合わしておくと言うものでした。
こうしておくことによって調合の時すごくやりやすかったです。
一気に、濃い色が付いてしまわず微妙な色の調整がしやすいように思います。
                 これは、いただき!!




トップ
虫さん、ばいばい!スプレー
 これまた、まねっこで 虫除けスプレーを 作ってみましたぁ。

       20070524083233.jpg

                いえ~い!!

  うちは、山がまん前にあるので ほんと 蚊には 悩まされるんですよね。。。
  (3月頃からもう出始めたんですよ)
  うちには、愛犬?ぴーすが いるので ほんと 心配で。。。

  人間でも、刺されると 赤く腫れて 長引くんです。
 これって、おじさんに言わせると「ぶと」というらしんですけどね^^。
 (なにせ、たちが わるいんです。)

   さてさて、 今回作ってみたレシピは、

        E/O  レモングラス、ベルガモット、ジュニパー
        精製水  45ml     無水エタノール  5ml

   と、いうもので E/Oをちょっと いじっただけで
       失礼いいたしますぅm(^^)m

      ● 感想 ●

  柑橘系のさわやかな香りで、すっきり さわやかって いう感じです。
  市販のような薬臭い臭いは一切なく、これで 虫さんが 撃退できたら
  もう、言うこと無しです!^^!使うのが楽しみだわぁ~♪
  これって、コロン代わりにもなるんじゃないのかな?!
  だって、いい香りだもん!

  一応、アロマ本で殺虫の効能があるE/Oを選んだんだけど、
  後で気が付いたら、自分が勝手に入れてしまったベルガモット、
  これは 日中にはダメだぁ。。。忘れてたよ・・・トホホ





トップ
第二段!カモミール(フローラルウォーター)
前に作った、ローズのフローラルウォーターが なかなか 上手く
いったので、ちょっと あじをしめて もう一度 やってみることにしました。
今回は、自家栽培の「カモミールジャーマン」で Let’s Try!!

これをやりだすと、もう 1時間くらいは鍋から離れられないので
イヤなんだけど、でも できあがると とっても嬉しくって、また
今度はあれで・・・とか、いろいろ 欲が出てきてしまうんです。

さてさて、今回は手順をUPして見ることにします。
ほんとに、これをみると なんじゃ、これ??って、
噴出してしまいそうなんですけど、これで なんとか フローラルウォーターが
出来ちゃうんですぅ。。。

ちょっと、恥ずかしいのですが ほんと ありあわせの道具で・・・

20070519191212.jpg      こんな、かんじ!

ちょっと、ストローが浮いて来ないようにおもり(?)を置いています^^;
あっ、それと フローラルウォーターが溜まる容器には 蓋をしながら
蒸留しました。
(せっかくの香りが飛んでしまったらもったいないからね)



20070519191232.jpg   この、ストロー見てください。

始めは、透明のストローだったのに、青くなってきているんです。
これって、カモミールジャーマンの精油の色だよね?!


20070519191223.jpg   でっきあがりー!!

透明なのが、フローラルウォーターで、もう一つのは、お鍋の底にたまった
ウォーターです。透明な方は、もうほんと リンゴのようないい香りです。
でも、鍋の底にたまったのは、あんまり いい香りじゃないです、はっきり言って。。。
(草くさいような・・・)



次回は、何をやってみようかなぁ~♪♪




トップ
酒石酸の使い心地
先日からリンスに使ってみた、酒石酸。

一日目は、うん、やっぱり しっとり する 
     でも、なんだか 時間が経つと ぱさぱさしてる気もしないでもない。。。

二日目  ありゃ、こりゃ どうだ。。。
     ぱさぱさしてるよー クエン酸リンスのようだ・・・

ビネガーワインには、酒石酸とリンゴ酸が入っていると言うことは
もしかして、両方が合わさって 相乗効果をもたらしていたりして
・・・。
(ちなみに、アロエにもこの酒石酸とリンゴ酸が成分に含まれて
 いるそうなので、共通点として興味が出たわけなのです。)

とりあえず、これもチャレンジすることに!

     同じく 
   
    水 100g    リンゴ酸 1g

で、原液を作り、酒石酸リンスと混合して リンスに使ってみることにします。
使用感は、また 後日 報告いたします。



使ってみました。リンス時の髪の毛のなめやかなこと、なめらかなこと。
締め付け感のない、心地よい感触。
そして、乾燥後の感覚と申しますと 結構 しっとりはしているものの
何かは、もの足りない感じがします。
でも、おおむね この感触は、私が期待していたものに近いように思います。

  結論

ワインビネガーをリンスに使うとき、締め付け感が少なく、しっとりまとまり
やすくする成分は、酒石酸とリンゴ酸の相乗効果が 大きいのではないかと感じました。

もちろん、この2種の酸だけでは、物足りなく感じたのは
ワインビネガーに含まれる糖分だったりポリフェノール等も関係してくる
からだとは、思います。
が、やはり その中で 一番効力を発揮しているのは、酒石酸とリンゴ酸
と、私は 結論付けることにしました。

(あくまでも、個人的意見ですが・・・あしからず)

P.S わざわざ、このリンスをこさえなくても ワインビネガーを
    使えばより いい効果が得られるのは 言うまでもありません。
    (これは、あくまでも 実験のためにしただけなので。。。)

    それと、なぜだか分からないけど 赤ワインビネガーより
    白ワインビネガーのほうが より リンスには、合うような気がします。

 

トップ
実は注文してたの^^;
以前に一部のリン酢の成分で、気になった 「酒石酸」を 化粧品素材屋さん
から購入していました。
ついでに、リンゴ酸も一緒に手に入れてみました。

          20070516134129.jpg


まずは、酒石酸を 使ってリンスをこさえました!

  100mlの水に 酒石酸 1g(原液)

pHは、2.1になり、クエン酸リン酢の原液とほぼ
同じくらいのpHになりました。
また、これも 薄めてリン酢に使ってみます。
そして、使用感が あのワインビネガーみたいになれば、
やっぱり 私がお好みの効果は 「酒石酸」だと言うことが
分かるはずなのですが・・・

はてはて、いかがなもんか やってみま~す。


トップ
フローラルウォーター つくっちゃおぅ!!
わたしもやってみるぞコーナー!!

(ある方のサイトで、これをやっていたので やりたくなりました。  )
(でも、まったく おんなじでは つまらないので 水蒸気を外に出す )
(方法でやってみました。                     )

   作成日 H19.5.10
水蒸気蒸留法のおおまかな構造を、思い浮かべながら やって みた。
蒸し器をとりだし、精製水を入れ 鍋の底にすのこのような物を
セットし ローズレッドペタルをパラパラっとおく。

おなべの蓋にある、空気穴にストロー突っ込んで、
ストローの中間のところを氷水で冷やす。
(ストローは3本くらい組み合わせてあるのだ・・・)
そして、冷やされたストローの行く先は フローラルウォーター
の入る容器へといく。

冷気で冷やされて出てくるフローラルウォーターは、冷たいのかと思いきや
蒸気で吹き飛ばされて 押し出されてくるので とても熱かった。

このまま、蓋をしないと 蒸発してしまいそうだったので サランラップをかけながら
蒸留することにした。

50分位したら だいだい 130cc位 たまったので 止めた。
そして、自然に冷まし 冷蔵庫へ。

蒸し器の中のすのこの下を見ると、濃い色(どす黒い赤みががかった色)
の液体がたまっていた。
これも、ローズの香りも含まれていることなので、保存決定!

     20070515204204.jpg

左が フローラルウォーター      右が 下にたまったウォーター

 うんうん、ローズの香りがしてる!^^!やったぁ~

翌日、冷蔵庫から出して 臭いを嗅ぐと あれっ?!
あんまり しない?!どぉ~してぇ。。。
常温にしてみると まだ きもち 香りがする。
でも、市販のようないい香りには程遠かった。ガクン

まだ、煮出しの方が ええ香りはしたような。。。

もう少し、研究が必要みたい^^;
(おそらく、ドライハーブを入れたときに、蒸気である程度ふやかして
 からやれば良かったのではないかと、推測。また、いずれ 再挑戦
 致しまぁ~す。)



不思議なことが起こりました?。?
作ったばかりの、フローラルウォーターは 香りがどこえやら
行ってしまっていたけど 1週間位 冷暗所(常温)においてあったら
なんだか とっても あまぁ~い ローズの香りがするでは ありませんか!

これは、摩訶不思議!!これなら、文句はなく 満足です。





トップ
アロマ検定に物申す!
昨日は、名古屋へ行ってきましたぁ~♪(アロマ検定1級を受けに。。)
おべんきょも、たいして せず 「こりゃ あかんわ」 なんて
思いながらも 出掛けたしだいで・・・

そして試験が始まり、
最初の10分で 2問の香り当てがある。
小瓶につめられた精油を小袋からだして 直接臭いを嗅ぐものだった。

出かける前に、スィートマジョラムとクラリセージは、
私にとって分かりにくいので 出ないでぇ~と願い、家を出た。

しかし、問題をぺラッと めくった瞬間 選択問題の中に 
その2つの文字がしっかり2問のなかに それぞれ 組み込まれていた。
がぁ~ん!!でも、気を取り直し チャレンジ!
うん、でも これは初めての経験で 楽しかった。

ネットで答えらしきのを 見つけると

     1問目が 「クラリセージ」で
     2問目が 「ジュニパー」  らしいです。

ショック!1問はずれた模様。でも、後悔はなし。いい経験が出来たように思うから。

そして、残りの60分で48問を解くことになる。でも、これが
私にとっては、ちょっと まったぁー!!って、言いたい。
かねてから、合格率が90パーセント以上なんて 耳にしてて
なんだか すごくプレッシャーだったけど 言ってる 意味が分かった。
始まってから、30分もすれば 大概の皆さんは 見直しも終わって
暇そうにそわそわしていたように思った。
私も、その一人。

なんだか、名古屋まで来るのに何時間もかけてやってきているのに
試験のしがいのない(拍子抜けする)検定試験のように 思われた。
辛口コメントで ごめんなさいm(--)m

試験があるから 多少なりとも勉強をしなきゃという 機会を与えてもらったことには 感謝できるけど この問題出し方については もっと
考えてもいらった方がいいのでは?!
それに なんだか、私がやっていた問題集の方が 難しかったように思う。

私が願うこと、それは あんまり 簡単にとれる検定試験だと
その検定試験の値打ちが下がるように思う。もう少し、レベルUPしても
いいんじゃないかな。
確かに、これから もっと上級をねらう方は とっても 問題が
難しくなるみたいだけど
 そこまでは 必要のない私。

もっと、この検定試験を受かったことが自慢できるような ハードルの
少々高い試験であって欲しいな。。。

(生意気言って、申し訳ないのですが、一つの意見として ご理解ください。)



トップ
みつろうは、水を含んで膨張するのか?
先日(5/9)、こさえた 蜜蝋とオイルと水で作ったクリームについて。

上手く混ざって、クリームになったけど お肌に付けようとして
指先で塗り塗りしていると どこから ともなく 水分がにじみ上がって来る。
もし、これが乳化作用なら 水分が浮かび上がることはないと思う。

これは、きっと 水分をだかえこんでいたけど 指先ですりすり お肌に
塗った事によって 押し出されてきのではないか思う。

それと、もう一つ疑問になっていたこと。
それは、多少 蜜蝋自体が 水分を含み膨らむんじゃないかということ。
これは、大胆な予想だけど・・・
まぁ、実験だけして どうあれ 納得すればいっか と おもって やってみた。

5月10日の様子

CIMG0957.jpg


まずは、蜜蝋を1g用意する。そして お水 大さじ1 を 投入!!

CIMG0958.jpg

          ↑
      上から見た写真

CIMG0960.jpg
           ↑
      ちょっとだけ斜め上からの様子

CIMG0959.jpg
            ↑
      きもち、真横からの様子

何を調べようとしているのかというと もしかして 蜜蝋が
ふやけて いつの間にか膨らんで 沈むのではないかという
自信のない予想を確かめてみたかったから。

 
本来、蜜蝋は水とは 混じりあわない、水と油のようなもの。
融点も高いし、常温では溶けないはずだけど、常温の水に漬けて
置くとどうなるのかを、やってみたかった。

  その後の経過観察
      5月16日
20070516135839.jpg

なんだか、きもちだけど 蜜蝋が下にさがって来てない?!

20070516135242.jpg

う~ん、どうかな???
水の色は、少々白濁するのは未精製の蜜蝋だからだと思うんだけど。。。

   また、順次 更新して行く予定です。。。。
トップ
ヘアーWAX?!
以前、カレンデュラオイルで作ったハンドクリーム。
蜜蝋を使用したので 結構 固めの軟膏仕立てって感じかな?!

で、使用感と申しますと 御手てに付けたら べっとり
って感じで かなり 重いうえに なんか書類を持つもんなら
その書類に指紋が付いてしまうありさま・・・

これは、ちと こまったシロモノ。
その後、ずいぶん ほったらかし^^;

しかし、最近になってから これは 使える!と いうことになって
また、違う用途に変更して愛用できることと、あいなりました。

それは、ちょっと 短めに切った髪の毛先を遊ばさせる為の
ヘアーWAX。じつは、初めから これを使おうなんて ぜんぜん
考えもしなかった。

あ~、WAXがない!どうしよう~@@;


から この元ハンドクリームの出番がやってきたのだ!
これでも、付けておけば何とかなるかな?!という 安易な気持ち。
しかし意外や意外、立派なWAX代わりになってくれるじゃないですか!! 
これなら どんどん消費させれるし、なんて好都合!

蜜蝋の使用感の苦手な方は ヘアーWAXとして 再デビューってのも
ありかもね^。-


あくまでも、個人的な意見として・・・

トップ
えっ?!みつろうで乳化作用?。?
みつろうで、クリームを作る際 少量の水分を含ませることは
出来るとは 経験上 分かっていた。

でも、オイル 大さじ1 に対して 水分 大さじ1も、
持たせることが出来るなんて考えもしなかった。
これは、例のごとく前田さんのレシピの一部で、やってみて 分かった。
それが、けっこう クリーミィーに出来上がるので 驚いた。
でも、上手くしないと 分離するみたいだけど。
冷めたりしてくると 水分がしみでてきたりして 良し悪しが分かれるそうだ。


20070510080721.jpg

20070510080733.jpg 20070510080741.jpg


でも、ある人がこれを みつろうで乳化させることが出来る!なんて
言っていたけどこれは 乳化とは また 違う作用だと私は思う。

みつろうが融点を下回る時?(固まり始める時)にみつろうの中に 
攪拌して出来た細かい水の分子が閉じ込められた状態だと思う。
はたまた、みつろうが 水分を含み 膨らむ(ふやける?)?!んじゃ、ないかと・・・

と、おはずかしながら、自分なりに想像してみた。
わたしの勝手な感覚から出た 思い込みなので あしからず^^;


でも、やっぱり 乳化の作用とは ちがうと 思うんだもん。。。
乳化もどき??・・・

ちょっと、後日 また 気になるみつろうの実験をしようと思います。



トップ
アロマ検定に向けておべんきょ!
そろそろ、検定試験のおべんきょ しなきゃ。
検定日は、そうそう 5/13 うん?
ぎゃやお~、もう 1週間ないじゃないかぁ~。。。

このかた、勉強なんてした事のない この私。
頭がまわって くれるのでしょうか?
はてはて???

試験当日は、受験地 名古屋へれっつらごー!(今や死語でんなぁ)
きっと、mixiメンバーの方も 何人かお見えになるんでしょうね。

遠巻きに、あの人かな?この人かなぁ?なんて 楽しみでもあったっりするのだぁ。

おいおい、そんな事言っている 余裕があるのかいって、かんじー^^;
まぁ、選択問題だから 運がよければ なんとかなるのかもね^。-


トップ
ハーブ等の色素は、お肌に良いのかな??
日頃 ハーブ等からエキスを抽出したりしているけど、
大抵 何らかの色は付いている。
この色、色素は実際 肌に付けて どうなのかな?って
疑問を 持ってしまった。

色の薄いものは、あんまり気にしなかったんだけど
濃いものは お肌に色素沈着って事にならないのか、
はたまた 紫外線による しみの元になったりなんかしないのか?
なんて ちょっと 不安になったりもする。

市販品は おそらく 精製して色素をなくしている?のかな・・・
なら、なんで 市販品は 色素を取っているの?
保存性の問題?なんか、他に理由があるんじゃないかな。。。。

最近、やたらと、どちて?坊やになっている私 ( ̄▽ ̄;ナハハ  



トップ
クエン酸リン酢の濃度について
ミクシィーのコミュで、教わったクエン酸リンスの濃度のことで
またまた 締め付け感実験をいたしました。

   マニュアルには クエン酸  0・5g
             水道水   2.5L

     pH値を pH3.2に することとあった。


実際、私が持っているクエン酸では、(間違った水の分量→)水道水250gの
分量にするとpH値がpH2.8位だったので 水を倍の500gでして見た。
すると pH3.3位になった。ちょっと、pH3.2には
出来なかったけど、使ってみた。


石鹸をつけすぎないように洗う。→ うん、上手くいった。きしまない。
そして このリン酢        → おぉ~、締め付けないよ!!
                   えっ、意外!これ、いけるかも。

クエン酸は 濃度をかなり 薄くしてみることだとは。。。
舐めてみても、こんなのでいいのってくらい ちょっと、味がするくらいで
薄かった。でも、ちゃんと、リンス効果もあったし あまりの薄さに驚く。

後で分かったけど、なぬぅー、水道水2.5L!!さらに5倍うすめるのぉーー!しまった。
もう一度、実験せねば。。。。


希釈だけやってみた。2.5Lの水道水に0.5g
今回は間違いない。pH値は、あれっ、pH3.8に
なってるぞ。。。元のクエン酸自体の純度の問題かな。。。
はたまた、水道水のpHの違いかな??
なら、はじめ間違った水道水500gでpH3.3になったので
こっちの方が、pH値は近いよね。と、いうことで 初めのを
活かすことにします




そうだ、今まで実験で原液のpH値だけ計測していたけど、
薄めた時点のpH値も、求めなきゃだめだな。
でもさ、もともとお酢はpH3.0位のがほとんどだから、
薄めれば薄めるほど pHの数値は みんな足並みそろえて上がるよね。。。
だったら、なぜ締め付け感に違いが出るの?
あ~ん、やっぱり わからない。

クエン酸は、もともと濃縮?されて粉末になってるから、
お酢みたいにするには、やっぱり 薄めなければならない。
結局、お酢並みのpHに 薄めたってことかな・・・。

要は、この実験によるとクエン酸で締め付けないようにするには
0.1%の濃度がお勧めって事になるんだと 言うことだよね・・・
きっと・・・合ってると思うけど。。。

これは前回実験で久々に使ったリン酢より はるかに 締め付けなくて
よかった。前回 使ったのは もっと pHが低かったと気づく。
(12%濃度の原液を目分量で、洗面器に一杯のお湯ですすいだからだ・・。
仮にペットボトルの蓋1杯が10gだとしたら2杯使うと濃度は0.096%、
3杯になると0.1%は、オーバーする。
そういえば、最初は使い出した頃、1杯で上等だって思ってたんだ。いつしか忘れて、ひさびさに使ってみたら多く使ってしまったんだ。
この前のきつく感じた時は、使用量を計らず結構多めに使っていたことは、間違いない。)
しかし、これは もしかして クエン酸リンスだけにいえる 理想の0.1%濃度
なのではないかと思う。
お酢は、もっとまた お湯で薄まるわけだから ph
も、もっとあがるはずだから。

それから、洗いあがりの感触は やっぱり 以前感じた
    さらさら、ふわふわ (ちょっと 乾燥気味になるの)でした。
グリセリンなしで、やってみたからでしょうね。



トップ
失敗編 レシチンでとろみを出す(ソフトオイルのみ)
レシチンで、とろみを付けるのに 前回は 水分を少なくし
バター類を配合して クリームを作った。

しかし、今回の目標は 適度なとろみで 乳液を作ること。 
しかも、キサンタンガムを使わずに・・・・
そして、バター類も使用せずソフトオイルのみで、やってみる。 

以前、ゆずの種化粧水を精製水代わりに 入れたとき 
カスタードクリームのように なったのを 思い出した。
おそらく、ペクチンの作用だとは思うが・・・。

そこで、思ったこと。たんぱく質は酸で固まる性質がある事を
利用すればいいんじゃないかと。
大豆レシチンも、たんぱく質。理屈はあってるようにおもうんだけど。
酸は、クエン酸を利用することにし ペクチンも入れることにした。
(あったかいうちに、これら2種を入れて溶かさなければダメだ。)

 失敗編

           マカデミア 5g
           アプリコット5g
           レシチン小さじ4分の1
           精製水   20g
           グリセリン小さじ4分の1
           E/O 3滴
           ビタミンE 3滴

         クエン酸、ペクチン 各0.6g

(冷めてから入れてしまったので溶けなくてとろみが付かず、
 どんどん足してしまった。
 だから、暖かいうちに入れればとろみも付いて半量くらいでも いけると思う。)
もしかすると、クエン酸だけでもとろみはつくのかもしれない。

だた、問題点はクエン酸を入れるせいで 酸性に傾くこと。
pH試験紙によると、だいたいpH3くらい。
こんなに、酸性でよいのかな・・・。ちょっと、自信ない。
使ってみるしかないね。

後で分かったこと→クエン酸は入れても全体量の1%までだそうだ。
            刺激を感じることになるみたい。





   最終結果

使用感は、すこぶる調子がいい!レシチン効果でお肌ふっくら。
でも、問題発生!!
分離してしまった。かなしぃ~・・・
おそらく、クエン酸が余計に分離しやすくしているんだ。
とろみを付けるのに このクエン酸は使えないな。
ペクチンだけならOKだったのかな・・・あ~ん、これも
なぞだ!!

20070503230312.jpg


        なぜか、三層に分かれてしまっている。
    おそらく、一番下がマカデミア?
         中段が水とレシチン?
         上段がアプリコット?かな。。。



トップ
リン酢に追求心めざめる!(ワインビネガー)
やっぱり、気になってしょうがない。
リン酢時の、締め付け感の強弱。お酢のpH数値は
大体ほとんどよく似たものと分かったけど、
そしたら、なぜ 締め付け感に違いが出るのかが 知りたくて知りたくて。。

そして、今 私の中で上がっている理由の一つとして
 「酒石酸」 
が、なんらか 絡んでいるのではないかと思う。

そのため、酒石酸が多く含んでいるといわれる 赤ワインで
実験してみた。
   まず、アルコールを飛ばす為に 5分位 弱火で 加熱。
   そして、蓋をして自然に冷ます。
         ↑
危険だけど、冷めてから ライターであぶってみた。
だけど、火がつかなかったので 多分 アルコールは飛んだのだと
自分なりに判断した。

    20070503231557.jpg

   それから 完全に冷めて pH測定!pH3.6
  普通のお酢よりかは 若干 高めの数値。
  (大体3.0位が多いかな・・・)

   舐めてみる → すっぱい!本当の醸造されたお酢って感じではないけど、
まぁ お酢かな?!って感じ。

   で、早速 リンスに使ってみた。
   (pH3.6だから、立派なリンスには なるので・・・。)

 ●結果●

   期待通りの結果が出たような気がする。
   リン酢時の締め付け感は、穏やかに感じるし
   しっとり、まとまりやすくなったと思う。
  
   まだ、酒石酸がそうさせるとは 言いがたいけど 
   ワインのなかの何かの成分がそうさせることは、なんとなく見えてきた。
   それと、もうひとつ。今回 アルコールを飛ばして作った
   この液体、お酢(酸らしい)臭いがしないので、今後
   気にせずに 使えるのではと言う 期待が出てきた。


 PS.私の髪質は 固くてこしのある髪の毛で、多い。
    おまけにパーマに、ヘアカラーをしています。


トップ
ローズレッドぺタル
ローズレッドペタル

で、ハーブティーをこさえた。保湿にアンチエイジングに
いいと聞けば、ぴくっと アンテナが 張りめぐる。

グリセリンを入れて化粧水にしてみた。
うん、なかなか いい香り。でも、つけても どうなんだろっ?
効果自体は 分からなかった。

そして、冷蔵庫で1週間くらい眠ってしまった。
もう、そろそろ 使ってしまわないとだめだな、と思い
入浴剤にしてみることに。まずは、洗面器に注ぐ。かき混ぜる。
すると、その かき混ぜた手が お湯の当たりが柔らかく感じた。
浴槽のただの お湯とはまた違う。これは、いいのでは。
浴槽に、残りはダァーって、入れちゃった。

そしたら、うすくピンクになるのかと思ったら、意外にも
緑茶を薄めたような色になった。ちょっと、残念。

ここで、ローズのはなびらを ちりばめると 素敵なんだろうけど
そこは、掃除嫌いのこの私。やっぱり、やめといた。

でも、よかったよ これ!なんだか 保湿感を感じたよ。
入浴剤にしてしまえば、香りは一切 分からなくなるけど
肌触りが よかったん。


トップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。