Wish Natural Life
プロフィール

ぴーすけぱーすけ

Author:ぴーすけぱーすけ
ようこそ!お越しくださいまして、ありがとうございます。愛犬ピースと、のほほんと日々暮らしている私であります。最近、手作り化粧品を自分の物にするために、日夜、研究?!しております。今は、とにかく自分に合う乳液さがしに、四苦八苦しております。
皆様のお知恵を拝借できたらなぁなんて、わらをもすがる思いであります。m^。^m

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

アイコン付きツリー化カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

占いブログパーツ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグリスト

QRコード

QRコード

BLUR☆STAR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップ
酒石酸の使い心地
先日からリンスに使ってみた、酒石酸。

一日目は、うん、やっぱり しっとり する 
     でも、なんだか 時間が経つと ぱさぱさしてる気もしないでもない。。。

二日目  ありゃ、こりゃ どうだ。。。
     ぱさぱさしてるよー クエン酸リンスのようだ・・・

ビネガーワインには、酒石酸とリンゴ酸が入っていると言うことは
もしかして、両方が合わさって 相乗効果をもたらしていたりして
・・・。
(ちなみに、アロエにもこの酒石酸とリンゴ酸が成分に含まれて
 いるそうなので、共通点として興味が出たわけなのです。)

とりあえず、これもチャレンジすることに!

     同じく 
   
    水 100g    リンゴ酸 1g

で、原液を作り、酒石酸リンスと混合して リンスに使ってみることにします。
使用感は、また 後日 報告いたします。



使ってみました。リンス時の髪の毛のなめやかなこと、なめらかなこと。
締め付け感のない、心地よい感触。
そして、乾燥後の感覚と申しますと 結構 しっとりはしているものの
何かは、もの足りない感じがします。
でも、おおむね この感触は、私が期待していたものに近いように思います。

  結論

ワインビネガーをリンスに使うとき、締め付け感が少なく、しっとりまとまり
やすくする成分は、酒石酸とリンゴ酸の相乗効果が 大きいのではないかと感じました。

もちろん、この2種の酸だけでは、物足りなく感じたのは
ワインビネガーに含まれる糖分だったりポリフェノール等も関係してくる
からだとは、思います。
が、やはり その中で 一番効力を発揮しているのは、酒石酸とリンゴ酸
と、私は 結論付けることにしました。

(あくまでも、個人的意見ですが・・・あしからず)

P.S わざわざ、このリンスをこさえなくても ワインビネガーを
    使えばより いい効果が得られるのは 言うまでもありません。
    (これは、あくまでも 実験のためにしただけなので。。。)

    それと、なぜだか分からないけど 赤ワインビネガーより
    白ワインビネガーのほうが より リンスには、合うような気がします。

 

トップ
実は注文してたの^^;
以前に一部のリン酢の成分で、気になった 「酒石酸」を 化粧品素材屋さん
から購入していました。
ついでに、リンゴ酸も一緒に手に入れてみました。

          20070516134129.jpg


まずは、酒石酸を 使ってリンスをこさえました!

  100mlの水に 酒石酸 1g(原液)

pHは、2.1になり、クエン酸リン酢の原液とほぼ
同じくらいのpHになりました。
また、これも 薄めてリン酢に使ってみます。
そして、使用感が あのワインビネガーみたいになれば、
やっぱり 私がお好みの効果は 「酒石酸」だと言うことが
分かるはずなのですが・・・

はてはて、いかがなもんか やってみま~す。


トップ
フローラルウォーター つくっちゃおぅ!!
わたしもやってみるぞコーナー!!

(ある方のサイトで、これをやっていたので やりたくなりました。  )
(でも、まったく おんなじでは つまらないので 水蒸気を外に出す )
(方法でやってみました。                     )

   作成日 H19.5.10
水蒸気蒸留法のおおまかな構造を、思い浮かべながら やって みた。
蒸し器をとりだし、精製水を入れ 鍋の底にすのこのような物を
セットし ローズレッドペタルをパラパラっとおく。

おなべの蓋にある、空気穴にストロー突っ込んで、
ストローの中間のところを氷水で冷やす。
(ストローは3本くらい組み合わせてあるのだ・・・)
そして、冷やされたストローの行く先は フローラルウォーター
の入る容器へといく。

冷気で冷やされて出てくるフローラルウォーターは、冷たいのかと思いきや
蒸気で吹き飛ばされて 押し出されてくるので とても熱かった。

このまま、蓋をしないと 蒸発してしまいそうだったので サランラップをかけながら
蒸留することにした。

50分位したら だいだい 130cc位 たまったので 止めた。
そして、自然に冷まし 冷蔵庫へ。

蒸し器の中のすのこの下を見ると、濃い色(どす黒い赤みががかった色)
の液体がたまっていた。
これも、ローズの香りも含まれていることなので、保存決定!

     20070515204204.jpg

左が フローラルウォーター      右が 下にたまったウォーター

 うんうん、ローズの香りがしてる!^^!やったぁ~

翌日、冷蔵庫から出して 臭いを嗅ぐと あれっ?!
あんまり しない?!どぉ~してぇ。。。
常温にしてみると まだ きもち 香りがする。
でも、市販のようないい香りには程遠かった。ガクン

まだ、煮出しの方が ええ香りはしたような。。。

もう少し、研究が必要みたい^^;
(おそらく、ドライハーブを入れたときに、蒸気である程度ふやかして
 からやれば良かったのではないかと、推測。また、いずれ 再挑戦
 致しまぁ~す。)



不思議なことが起こりました?。?
作ったばかりの、フローラルウォーターは 香りがどこえやら
行ってしまっていたけど 1週間位 冷暗所(常温)においてあったら
なんだか とっても あまぁ~い ローズの香りがするでは ありませんか!

これは、摩訶不思議!!これなら、文句はなく 満足です。





トップ
アロマ検定に物申す!
昨日は、名古屋へ行ってきましたぁ~♪(アロマ検定1級を受けに。。)
おべんきょも、たいして せず 「こりゃ あかんわ」 なんて
思いながらも 出掛けたしだいで・・・

そして試験が始まり、
最初の10分で 2問の香り当てがある。
小瓶につめられた精油を小袋からだして 直接臭いを嗅ぐものだった。

出かける前に、スィートマジョラムとクラリセージは、
私にとって分かりにくいので 出ないでぇ~と願い、家を出た。

しかし、問題をぺラッと めくった瞬間 選択問題の中に 
その2つの文字がしっかり2問のなかに それぞれ 組み込まれていた。
がぁ~ん!!でも、気を取り直し チャレンジ!
うん、でも これは初めての経験で 楽しかった。

ネットで答えらしきのを 見つけると

     1問目が 「クラリセージ」で
     2問目が 「ジュニパー」  らしいです。

ショック!1問はずれた模様。でも、後悔はなし。いい経験が出来たように思うから。

そして、残りの60分で48問を解くことになる。でも、これが
私にとっては、ちょっと まったぁー!!って、言いたい。
かねてから、合格率が90パーセント以上なんて 耳にしてて
なんだか すごくプレッシャーだったけど 言ってる 意味が分かった。
始まってから、30分もすれば 大概の皆さんは 見直しも終わって
暇そうにそわそわしていたように思った。
私も、その一人。

なんだか、名古屋まで来るのに何時間もかけてやってきているのに
試験のしがいのない(拍子抜けする)検定試験のように 思われた。
辛口コメントで ごめんなさいm(--)m

試験があるから 多少なりとも勉強をしなきゃという 機会を与えてもらったことには 感謝できるけど この問題出し方については もっと
考えてもいらった方がいいのでは?!
それに なんだか、私がやっていた問題集の方が 難しかったように思う。

私が願うこと、それは あんまり 簡単にとれる検定試験だと
その検定試験の値打ちが下がるように思う。もう少し、レベルUPしても
いいんじゃないかな。
確かに、これから もっと上級をねらう方は とっても 問題が
難しくなるみたいだけど
 そこまでは 必要のない私。

もっと、この検定試験を受かったことが自慢できるような ハードルの
少々高い試験であって欲しいな。。。

(生意気言って、申し訳ないのですが、一つの意見として ご理解ください。)



トップ
みつろうは、水を含んで膨張するのか?
先日(5/9)、こさえた 蜜蝋とオイルと水で作ったクリームについて。

上手く混ざって、クリームになったけど お肌に付けようとして
指先で塗り塗りしていると どこから ともなく 水分がにじみ上がって来る。
もし、これが乳化作用なら 水分が浮かび上がることはないと思う。

これは、きっと 水分をだかえこんでいたけど 指先ですりすり お肌に
塗った事によって 押し出されてきのではないか思う。

それと、もう一つ疑問になっていたこと。
それは、多少 蜜蝋自体が 水分を含み膨らむんじゃないかということ。
これは、大胆な予想だけど・・・
まぁ、実験だけして どうあれ 納得すればいっか と おもって やってみた。

5月10日の様子

CIMG0957.jpg


まずは、蜜蝋を1g用意する。そして お水 大さじ1 を 投入!!

CIMG0958.jpg

          ↑
      上から見た写真

CIMG0960.jpg
           ↑
      ちょっとだけ斜め上からの様子

CIMG0959.jpg
            ↑
      きもち、真横からの様子

何を調べようとしているのかというと もしかして 蜜蝋が
ふやけて いつの間にか膨らんで 沈むのではないかという
自信のない予想を確かめてみたかったから。

 
本来、蜜蝋は水とは 混じりあわない、水と油のようなもの。
融点も高いし、常温では溶けないはずだけど、常温の水に漬けて
置くとどうなるのかを、やってみたかった。

  その後の経過観察
      5月16日
20070516135839.jpg

なんだか、きもちだけど 蜜蝋が下にさがって来てない?!

20070516135242.jpg

う~ん、どうかな???
水の色は、少々白濁するのは未精製の蜜蝋だからだと思うんだけど。。。

   また、順次 更新して行く予定です。。。。
トップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。